浦安JSCは千葉県からJリーグ入りを目指し、幼児からジュニアユース、社会人まで地域に根ざしたサッカー選手育成を行っています。セレクション随時実施中。

<< 平成21年度指導体制 | ニュース:浦安ジュニア・サッカークラブ | レディース千葉県大会突破 >>

U15リーグようやく開催

2月5日(木)流山中央公民館にて千葉県サッカー協会3種7,8ブロック運営会議が開催されました。

冒頭で3種委員長の高橋氏から以下の謝罪がありました。
・本来9月に始まるべきリーグがこれほどまでに遅れたのは協会としての責任を感じている。謝罪したい。
・一部のブロックが開催されていたので、まさか開催されていないブロック(当ブロック)があるとは気がつかなかった
・当初8ブロックは代理の方にに遂行を依頼したが、それが機能していなかった
・その状態をきちんと確認していなかった協会側にも落ち度がある
・最大限の努力をして、すべての試合がスケジュール通り(8月末)までに終了するようにする

浦安JSCとして、これまで何度も問い合わせをした経緯を説明し、それでもなぜここまで遅れたかについて原因を究明し、以降の大会で同じ過ちが起きないように運営体制の見直しを依頼しました。

他にも参加チームから苦情が出ており、協会として真摯に受けとめていただいたと理解します。

当運営会議は7ブロック、8ブロック合同で行われました。浦安JSCは8ブロックで、このブロックを更にC、Dのブロックに分け(A,Bは7ブロック)およそ12のチームで組織されました。

抽選の結果、浦安JSCはCブロックとなり、以下のチームと試合をすることになりました。
・船橋中学
・船橋葛飾中学
・船橋柴山中学
・船橋七林中学
・ヒッテイーズ(クラブ)
・八千代阿蘇中学
・流山南部中学
・市川大州中学
・市川第4中学
・流山常磐松中学
・三井東葛(クラブ)

2月から早速試合を開始することで合意しました。

なお、この地域(7、8ブロック)では他に以下のクラブチームも参加しています。
・フェリーチェ
・レイソル野田
・柏イーグルス
・フォルマーレ
・ラッセル
・エクサス松戸
・アルドール
・トカファシオ


浦安JSCは8ブロックを統括する役割を担うことになりました。

開始が遅れたため、短期間で多くの試合数を消化することとなります。
応援よろしくお願いします。
| urayasujsc-n | ジュニアユース | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント

コメントする


この記事のトラックバックURL

http://news.u-jsc.com/trackback/1160958

トラックバック

このページの先頭へ